シャンプーの種類

歯を磨いたり、ご飯を食べるように、皆さんそれぞれに毎日行っている行動=日課があると思います。
その中でもほとんどの方に共通しているのがお風呂に入ることだと思います。
浴槽に入っている人もいれば、シャワーだけの人もいるかもしれませんが、シャンプーは必ず行っていると思います。

最近ではスカルプシャンプーやノンシリコンシャンプーなど様々な種類の商品が店頭に並んでいますが、あなたはどのシャンプーを使っていますか?ダメージケア重視で選ぶ人、頭皮洗浄で選ぶ人、臭いで選ぶ人などシャンプーの選び方はひとそれぞれだと思いますが、本当にいいシャンプーを使っている人は少ないのではないでしょうか?

実はシャンプーのパッケージには「化粧品」と記載されているものと「医薬部外品」と表示されているものがあるのをご存知ですか?「化粧品」とパッケージに記載されているシャンプーは、髪の毛を清潔に保つ、なおかつ容姿を美しく保つものです。
反対に「医薬部外品」とパッケージに記載されているシャンプーは医薬品には劣りますが、薬効が期待できるものという意味を含んでいます。

また、シャンプーには使用されている材料別に大きく3つに分けることができます。
1つはアルコール系シャンプーです。
名前の通りアルコールを含んだシャンプーですが、アルコール分子内の炭素数の違いによって高級アルコール、低級アルコールと分けられます。
炭素数が多いもの、つまり高級アルコールシャンプーは、泡立ちがよく、一定の洗浄力を持っています。

反対に低級アルコールは、高級アルコールに比べると泡立ちが少ないですが、肌への刺激が少ないため、肌が弱い人には低級アルコールの方が向いているといえます。
現在市販されているシャンプーの大半が高級アルコール系のもので、洗浄力重視の傾向にあるといえます。


≪注目サイト≫
ノンシリコン且つアミノ酸系の成分で作られているシャンプーの通販サイトです・・・シャンプー 通販